葬儀までにするべきこと

葬儀までにするべきこと 突然の不慮の事故などで亡くなってしまった場合は、臨終に間に合わず訃報を聞いて知ることになります。家族や知人、友人の死に対する心構えができていないためうろたえてしまうことも多いでしょう。一方で病気や事故などで入院加療中に死を迎えることもあります。医療ケアを受けているなかで医師から危篤を告げられるということは珍しくありません。その時点で葬儀の準備など考える方はまずいないでしょう。

最期を見送るためになるべく家族や親戚などに急いで連絡をしなくてはなりません。家族や親戚は近くに居住しているとは限らないため、遠方の方から順に電話やメールなどを使って簡潔に連絡をします。人の死に関わる緊急事態なので、深夜や早朝など時間帯を気にする必要はありません。相手が駆け付けられない状況であったとしても連絡だけは早く入れるようにしましょう。連絡する範囲は、家族、3親等ぐらいまでの親族、親しい知人、友人、学校や勤務先などの順で優先されます。臨終まで時間があまりない時もあり、連絡しても間に合わないこともありますがそれでも連絡してくれたことに感謝されるはずです。

臨終を迎えた際は大切な人を失った悲しみが大きいため途方に暮れてしまうこともありますが、葬儀までは気を確かにもって適切な行動をとらなければなりません。病院で亡くなった場合は、死因が明確であり死亡診断書も病院ですぐに発行してもらえます。看護師によって清拭、着替え、化粧などのエンジェルケアが終わったら、遺体を自宅に連れて帰ることになります。一般的に病院でお迎えのための寝台車の手配をしてくれることがありますが、その場合は提携の葬祭会社との契約が条件となることも多いので、業者を別に選定する場合は断った方がいいでしょう。

最近は在宅医療や訪問看護の体制も充実しているため、最期の時間を自宅で過ごすという方も多くなっています。回復の見込みがない末期がんなどで治療や延命ではなく痛みを和らげるだけの緩和ケアが一般的です。自宅で亡くなった場合は、訪問医やかかりつけ医にすぐに連絡を入れて医師による死亡確認をしてもらわなければなりません。医師が関わっていないケースで特に持病などもなかった場合は不審死として扱われ司法解剖が行われることもあります。突然死の場合などはまず救急車を呼んだ方がいいでしょう。人が亡くなるということは大変なことですが、その後の手続きや準備にはさまざまなものがあり事前に知っておいて損はありません。

最新ニュース